◇スポンサードリンク

贈り物に最適なおすすめ”アロマギフト”情報

アロマ

”アロマテラピー”は今や女性だけでなく、男性にも愛好家がいるほど大人気 の”癒し”要素です。自分自身の”体と心の健康”を維持・促進していくこと に多くの人々が関心を高めているということなのでしょう。
日々の生活の中で手軽に”癒しの空間・時間”を持つことができるのが”アロマ” の最大の魅力ではないでしょうか。 そんな”アロマ”・・。今では”楽しみ方”も増えると共に、”アロマ関連商品” も豊富になっています。自分自身で活用するだけでなく、彼氏・彼女・友人・知人 などへ誕生日、記念日などのプレゼントとしてとても喜ばれるアイテムとなって います。
”贈り物”としても喜ばれる、おすすめの『アロマギフト』情報をご紹介いたし ます。
ニキビ跡を消す、日々の肌ケアの特集はこちら。


◆”アロマ関連”情報

アーユルヴェーダアロマセラピー
アーユルヴェーダスキンケアの使用方法を動画で学べます。(使用方法動画)




モデルの間で話題のアロマバスエッセンス
天然ハーブの香りで、良質な癒しのバスタイムが楽しめる、リラクゼーションスキンケアシリーズ。

”効能別”で選ぶアロマキャンドル一覧
”リラックス効果””ストレス緩和”など効能別にアロマキャンドルをご紹介。

完全無添加「身体に優しい完全無添加アイテム(化粧水等)」の特集はこちら。

◇スポンサードリンク


アロマオイル〜”香り”を楽しむ

アロマ

アロマオイルの情報へ
”アロマテラピー”という言葉が広く知られていることもあり、”アロマオイル”と呼ばれる ことが多いのですが、正式には”エッセンシャルオイル(精油)”と呼ばれています。
ハーブなどの植物の有効成分を抽出した揮発性のオイルのことを意味していて、植物の葉や花、 果皮、樹皮、樹脂などから得られ、植物により異なる香りや成分を持っているのが特徴です。 ”300種類以上”ものアロマオイルが存在しているといわれていますから、その多様性には 驚かされることも度々。

アロマランプ〜”光”と”香り”の相乗効果

アロマ

アロマランプの情報へ
”アロマランプ”とは、”エッセンシャルオイル”を部屋の中に広げる役割と共にランプの 持つ優しい”光”の相乗効果によって「癒し」の空間を創出するアイテムです。
アロマオイルを効果的に活用する上では、積極的に活用したいランプです。

アロマ・ディフューザー〜”香り”を広げる

アロマ

アロマ・ディフューザーの情報へ
”アロマディフューザー”とは、エッセンシャルオイルをより効果的にお部屋の大気中に 拡散させるためのアロマアイテムです。”加湿器”の役割も兼ねているのが特徴です。
”アロマランプ”が「癒し」を演出する効果を有しているのに対して”ティフューザー”は アロマオイルを拡散させる機能を高めたアロマアイテムといえそうです。

アロマキャンドル〜”灯”の癒し

アロマ

アロマキャンドルの情報へ
”アロマキャンドル”はアロマオイルを使用すること無く、”光の癒し”と”香りの効果” を手軽に楽しめるアイテムです。キャンドルの中に「アロマエッセンス」を閉じ込めて あるため、炎を灯すと同時に”香り成分”が楽しめます。
”アロマオイル”の活用と比べると”香り成分”は少なくなりますが、”灯火の癒し”は ”ランプ”よりも効果的なのが特徴。


◇スポンサードリンク

英国王室御用達のラベンダー製品

アロマ
アロマ イギリスで最も古くからラベンダー農場を育んできたといわれているのが、 ”ノーフォークラベンダー社”です。そこで丹精込めて作られている”各種ラベンダー” 製品は、英国王室御用達のアロマアイテムとして親しまれています。 ”ラベンダーリネンスプレー””ラベンダー サシェ””ラベンダーコロン””ラベンダーオイル” など様々なアイテムが揃っています。友人・知人へのプレゼントとして価格と品質との バランスが取れているのが魅力ではないでしょうか。

英国王室御用達「ノーフォークラベンダー社」のラベンダー製品の詳細・購入はこちら。

「アロマギフト」コンテンツ

アロマギフトの贈り物
アロマオイル
アロマランプ
アロマ・ディフューザー
アロマキャンドル

プックマーク

中古マンション(賃貸・購入)の「選び方」情報

お肌に安心の無添加石鹸

お祝いのお花「ギフト」

洗顔無添加石鹸

誕生日プレゼント
”コードバン”名刺入れ
サプライズなプレゼント

その他

相互リンク

ブリザーブドフラワー

・ブリザーブドフラワーSHOP

*アロマテラピーとは*

アロマテラピーとは、「アロマ」(aroma)と「テラピー」(therapy)を掛け合わせた造語 で、 1931年頃、フランス人化学者、ルネ・モーリス・ガットフォセが名づけたものです。
植物が有している、”香り成分”は・・植物の種類ごとに多種多様な要素が存在しています。 それぞれ個性豊かな”香り”と”効能”があり、気分や目的に合わせて”香り”を楽しみ・ 活用していくことを意味しているのです。